ニコレットガムの効果

ニコレットガムは噛むだけで耐え難い喫煙衝動を緩和する効果があります。

タバコは美容の大敵

タバコは美容の大敵と言えるのは、タバコが肌と口に悪影響を及ぼすからです。
まず、タバコを吸ったときに血管が収縮し血の巡りが悪くなることで、顔色を含めた皮膚の色が悪くなります。
タバコを吸うとビタミンCが破壊されます。
ビタミンCは抗酸化物質として知られていて、老化防止に貢献しています。
抗酸化物質が破壊されるということは、体の酸化が進み老化の象徴であるシワを増やしてしまうことにもなります。
賃貸アパートやマンションに喫煙者が住むと壁が茶色っぽく変色してしまいますが、もちろん喫煙者本人も黒茶けてしまいます。
皮膚がそうですし、歯茎が黒くなり歯が茶色になってしまいます。
タバコを吸わない人は喫煙者が近付いてくると臭いでわかりますが、タバコを吸うことは口臭の原因にもなります。
また、タバコのせいで口内環境が悪化するので虫歯や歯周病になりやすくなります。
口の中が乾燥し、歯の再石灰化を促す唾液の分泌が妨げられ、虫歯になりやすくなります。
虫歯や歯周病になるのは、口の中に悪い菌がはびこっているからです。
そうした状態の口は悪臭を放ってしまいます。
都合の悪いことに、本人が喫煙者ではなくても身近に喫煙者がいると、こうした悪影響の一部を被ることがあることです。