ニコレットガムの効果

ニコレットガムは噛むだけで耐え難い喫煙衝動を緩和する効果があります。

ニコレットガムの依存症に注意

近年において健康ブームと税制の改正より、これまで嗜好品として生活に馴染んでいたタバコをやめる人が増えています。
しかしタバコをやめるという観点は依存性が高いため難しく、そのため現在においてはタバコをやめるために様々な方法が確立されています。
そのタバコを止める方法の一つとしてあるのがニコレットガムであり、これはタバコの依存性を高めているニコチンを含んだガムを指します。
このニコチンを含んだガムを食べることで、まず習慣となった暇を感じた際の口にくわえるという部分を無くすことに加えてニコチンをある程度補給することで不快感を抑える役割があります。
それによってニコチンによるたばこの依存症が抑えられるのですが、しかしこれはガムと名が付いていますが医療目的であるため注意することがあります。
その注意するということとというのが、今回のテーマであるニコレットガムの依存症に注意です。
まず先に言ったとおりにニコチンはタバコの一部であり依存症の原因であり、これを食べることである程度抑えることができます。
しかしたばこへの依存が強い場合において、このタバコを吸う代わりにガムを大量に食べることで抑えることが予想されます。
そのためタバコをやめるはずが、このガムからニコチンを補給することに変わってしまい効果がない以上にタバコを吸う以上の害になることがあるため注意が必要です。